伝説の『コミケ雲』って何?オタクの祭典での風物詩!

イベント

 

今年も夏コミの季節になりました!夏コミ名物の『コミケ雲』を知っていますか?
夏の風物詩ともいわれる『コミケ雲』について解説します。

 

 

コミケ雲とは?

 

 

コミケ雲、コミケ霧とは、コミックマーケットの会場で天井付近にできる霧のようなモヤのことをいいます。雲のように見えることから『コミケ雲』と呼ばれています。

画像を見てみると、レンズが曇っているのかな?という感じですよね。しかしこれは実際に、霧のようなものが屋内に発生している写真なのです。

 

夏のコミックマーケットの会場は、たくさんの人でにぎわいます。ビッグサイトでは空調は使用されていても、会場の温度は暑くかなりの高湿度です。

会場に集まったたくさんの人の汗や息などが蒸発し、会場の上の方にある空調付近でそれらが冷やされることによって霧のような『コミケ雲』を作り出すのです。

最近ではメディアでも取り上げられるほどになり、夏のコミケの風物詩とされています。

 

 

【コミケ雲発生のメカニズムと原理】

 

☁コミケ雲☁

 ⇧

~空調の冷えた空気~

 ⇧

戦士たちの熱い想い(蒸発した汗や息)

 

 

 

Twitterでのコミケ雲の反応

・あれが伝説のコミケ雲か!!!!

・伝説のコミケ雲見ましたwwww

・数年前に夏コミ一般参加できた時に都市伝説だと思ってたコミケ雲を見て自分の目がおかしいのかと思ったよね

・暑くてとかよりとにかく臭い 口で息ができない それほどまでにコミケ雲は臭くてヤバい

コミケ雲から室内雨みたいな話やめてくれよ

・そろそろ海外の反応まとめサイトにコミケ雲への「ワオ!クレイジーだね日本人は!」などの反応が掲載されるころ。

 

このコミケ雲は、いつか雨(コミケ雨)が降るのではないかと言われていたりもしています。最近ではSNSなどが発達しているので、コミケ雲の状況は会場に行かずとも確認できますが夏のコミケならではの現象なので1度は見てみたいものですね。

今年も、コミケ雲が観測されるのか今から楽しみです!

 

 

 

おススメ関連記事

C92 夏コミケ2017|日程や時間、持ち物は?知っておきたい暑さ対策!

コメント